物好きと思われがちな仕事で働く人

世の中には人気のある仕事とあまり人気のない仕事とがありますが、どんな仕事であっても常に担い手がいる状況ができています。ある仕事を「好きかどうか」や「やりたいと思うかどうか」はその人の考え方や物事の捉え方による部分が大きく、人によって好き嫌いが生じてきて当然です。そのおかげで社会はうまく機能しています。あまり自分の仕事としてしたいとは思わない人が多い3Kの仕事についても、担い手がいるのが事実です。多くの人が見るとそういった仕事についている人は物好きな人として捉えられてしまいがちでしょう。あるいは仕事先がなくて仕方なくその仕事を選んだと考える人もいるはずです。この3Kの詳細は【3Kという職場】に書かれていました。
中にはそういう人もいるのは確かですが、必ずしもそういったレッテルを貼ってしまうのは良いことではないでしょう。皆がそう考えてしまいがちではあるものの、それが現実を反映しているとは限らないからです。仕事の何に対して魅力を感じるかということは人それぞれであり、その重さも違います。汗水垂らして働くことに魅力を感じて、毎日倒れるまで身体を動かして働きたいという人もいるでしょう。それを生きがいと感じる人にとってはその仕事に汚さや危険が多少伴ったとしても、やりがいのある魅力的な仕事となるのです。危険な仕事も見方を変えればスリルがある仕事と言うことも可能でしょう。3Kの仕事は普通の人は好まないものだと考えてしまいがちですが、仕事に対する魅力の感じ方に少し違いがあるだけなのです。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.